ユニットバスリフォームの注意点について

ユニットバスリのフォームを依頼する場合には注意点をよく理解した上で工事の依頼をする必要があります。ユニットバスのリフォームは、在来の浴室からユニットバスへの交換が多く行われており、ユニット自体の交換が行われる場合もあります。リフォームでは、業者の選択が最も大きな注意点となります。現在、行っている業者は非常に数が多く、中には設備工事のノウハウをほとんど有していない業者や、販売のみを優先している業者も存在します。

また、値段勝負で販売攻勢をかけている業者もおり、この場合、後々トラブルが生じたり、メンテナンスに支障をきたす可能性が高くなります。リフォームの依頼では、相場の確認は1つの要素となりますが、あくまでも目安であり、必ず、見積りを取った上で、内訳明細やどのようなメーカーでどのタイプの商品なのか、保証などの瑕疵担保に関しても確認をした上で最終判断をすることが重要になります。依頼をする場合には複数の業者から相見積りを取ることは確かに理想的な方法となりますが、この場合、依頼者が既に購入するモデルを決めていることが条件となります。その理由としては、仮に現地確認をしてもらって見積りを依頼したとしても、業者によって主としている取扱いメーカーが異なる点があります。

そのためにサイズが同じであっても、デザインやオプション、小物などが異なり、例えば値引き率などにも開きが生じることになります。相見積りは、全くの同条件で依頼をする必要があります。同条件で依頼をすることで内容を突き合わせることができ、極端に安い項目などがあれば、なぜ安いのか担当者に確認をすることも可能になります。業者の選択では、これまでの経歴や事業形態を確認することも大切になりますが、必ず、契約書を取り交わした上で依頼をする必要があり、トラブルを防ぐためにも、見積り時の内容が記載されているのかどうか確認をすることが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*